キャリアアップ助成金とは?

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等 を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して包括的に助成(正規雇用への転換、人材育成、処遇改善など)する制度を創設しました。

主な支給要件

雇用期間の定めなく雇用した労働者、または他分野から配置転換した労働者を対象に、1年間(訓練に必要な時間数が確保される場合6ヶ月以上)の職業訓練計画を作成し、Off-JT(通常の業務を離れて行う職業訓練)を実施すること。

訓練コースの訓練時間数が20時間以上

弊社コースは訓練時間数が20時間以上であり、かつ、Off-JTを含むもの
(弊社の定期コースパックは6ヶ月以上になってます)

支給額

受給までのながれ

1 事前準備
人材育成像を弊社コンサルタントがヒアリングします。

2 受給資格認定申請
申請には書類の提出が必要です。(提出先:労働局又はハローワーク)
事業主が最小限用意すべきもの[1]定款[2]雇用保険適用事業主届け(控え)[3]会社案内

3 認定
労働局またはハローワークで職業訓練計画を確認後、認定結果を判定します。
事業主に認定通知書が届くには時間がかかりますので
訓練開始1ヶ月前までに申請してください。

4 職業訓練計画に従った講義の実施

5 各コース支給申請
訓練終了後2ヶ月以内に必要書類を揃えます。

労働局またはハローワークに支給申請します。

6 支給決定
中央職業能力開発協会から事業主に支給(不支給)決定通知書を送付。
支給決定の場合支給決定額を振込